FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

バリアフリーデザイン シリーズ 7 (街の本屋)

(写真は 9/6/2003)J. F. Kennedy 生家近くの本屋。 以前から街の本屋でもよく車椅子には出会った。通路も、問題なく広く設けてある。1990年の ADA (Americans with Disabilities Act) 法で、すべての公共施設で、バリアフリーが義務づけられている。...

続きを読む

バリアフリーデザイン シリーズ 6 (エレベーター)

(写真は 6/3/2009)2009年になってみると、ほとんどすべての地下鉄駅 (T Line) に、エレベーターが設置されている。すでに上りエスカレーターは設置されていたが (他のバリアーは解決済みでもあって)、これでよく電動車椅子の客にも出会うようになった。頸損、脊損、脳性麻痺など、またバギー上の子供と、様々である。人間工学 Ergonomics は、細かな点にこそ優劣が現れるから、デザイナーが、実際に車椅子を使ってみているかどうか...

続きを読む

バリアフリーデザイン シリーズ 5 (バス入り口)

UMASS Boston校 無料シャトル 5/12/2009 くり返しになるが、バス入り口の詳細。歩道とフロアの差がほぼ無いに等しい事、入り口の広さに注目いただきたい。昇降時には前方入り口付近が (ニーリングメカニズムで) 自動的に下がり、走行時にはまた上がる仕組みも取り入れられている。 車椅子用には、折りたたまれていた金属フロアの一部を、向こうから起き上がらせて橋渡しする仕組み。すべて電動では...

続きを読む

バリアフリーデザイン シリーズ 4 (旧型バス)

9/17/2003後方ドアからリフトを使って乗り降りする、旧型モデル。2003年 MBTA。街で、バスで、よく車椅子を見かけるのはさずがであるが、リフト使うデザインは今では見劣りする。フロアが格段に高く、階段の段差も大きい。日本の人間工学が、これを模範にしていただいては困る事になる。車椅子対応自動車の各種デザインは、日本では圧倒的に電動リフトであるが... 1、2と比べると、本質的な基本設計(フロア高)が異なり、過剰なテ...

続きを読む

バリアフリーデザイン シリーズ 3 (バス)

3/10/2009 公共交通の MBTA に採用されたバスのモデル。前方に車椅子・優先座席スペースが来てはいるが、シリーズ2の UMASS モデルと比べると見劣りがするのは、インテリアだけではない。2との比較で明らかなように、コーナーが直角に付きだして邪魔になるし、計測すると入り口の幅は 3cm ほど狭い。デザインの優劣は、細かな点にこそ現れる。...

続きを読む

バリアフリー デザイン シリーズ 2 (バス)

 UMASS Boston free shuttle bus 5/12/2009 2009年に見かけるモデル、同じくUMASS大学 Boston校 無料シャトルバスの前方座席。車椅子のみでなく、広いスペースが優先座席と位置づけられている。コーナーもとれよくデザインされている。 今年になってみると、公共交通の MBTA バスもこれに近いモデルが主流になってきた。...

続きを読む

バリアフリー デザイン シリーズ 1 (バス)

UMASS Boston free shuttle on 7/22/2003We are accessibility Concerned.長年の課題ではあったが、今回の渡米で写真も増えつつあり、バリアフリー、ユニバーサルデザインシリーズとして少しずつ発表、米国・西欧と、日本の遅れた 問題点を浮き彫りにできればと考えている。下記、英語版の Holistic Forum は、マルチメディア対応も優れ、既に先鞭を付けたが、日本の問題写真を先に取り上げた。これは、マサチューセッツ州立大学ボ...

続きを読む

Boston 留学準備

Originally on 12/23/2008 (火) 14:52認知症に学習療法をとはよく言われるが、それぞれ知的な興味を探るのも療法士の仕事。子供の頃の算数計算でも、できる人、興味の持てる人は、もしかすると数は少ない。あの人が、とびっくりする人が、算数計算でも伸びる場合もあられる。PT はしかし、どうしても、身体機能や、左右差にもこだわり続ける。転倒防止のためにも、歩けるとなればなおさら、一人で歩かれるとなるとなおさら、歩行能...

続きを読む

患者の権利宣言と、第三世代の人権宣言

-- Original Message --To: rehab-jp@googlegroups.comSubject: [Rehab 22] Re: 患者の権利宣言と、第三世代の人権宣言自由 freedom とは、"自律autonomy "の異名、といった哲人がいます。ピルグリムファーザーズが、メイフラワー号から上陸する前に盟約がなされたようですし、Puritan Separatist として、自由の天地を求める前に、敬虔なプロテスタント達は、はじめに誓約ありきというか、Self Regulative な、規約を作...

続きを読む

ボバ研 全国研修会、総会

Originally on 6/26/2007 (火) 23:53ボバ研 全国研修会、総会が 6/30(土) 7/1(日) ありますが、たくさん参加されるのでしょう。Beruoさんはじめ、学術部の方、関東在住の会員皆様など、ご足労おかけします。よろしくお願い申し上げます。リストの皆さんも、来られるでしょうから、また声をおかけ下さい。ホテルイースト21 東京 http://www.hotel-east21.co.jp/江東区東陽 6-3-303-5683-5683会員 1000円、 非会員3000円 (半日・一...

続きを読む

WHO写真コンテスト"健康と障害のイメージ2005" 特別テーマ: 雇用と労働

originally posted on February 11, 2005Sub: WHO写真コンテスト"健康と障害のイメージ2005" 特別テーマ: 雇用と労働http://www3.who.int/icf/photocontest2005/photocontest (ホームページ)http://www3.who.int/icf/photocontest2005/announcement.pdf (Adobe Reader用)標 題のように、国際生活機能分類の登録ユーザーに、写真コンテストの案内が来ました。皆さんに転送の労など取っていただき、お知らせいただきますよ...

続きを読む

葉桜の

Originally on 1/11/2005 (火) 20:37葉桜の 深き心の友なれば  君に伝へむ 明日への 言の端  (2001年5月の心境・いくつもの言の端を伝えたが、真に心を分かち合える知己には巡り会えず)葉桜の 深き心の友なれば  頭(こうべ)を垂れる 稲穂見つめむ    (2004年 秋 撮影)...

続きを読む

脳卒中の運動療法

Origianally on 12/23/2004 (木) 15:09http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4260244337/qid%3D1103636453/250-4550178-6877059"Stroke Rehabilitation"by Janet H. Carr & Roberta B. Shephered の翻訳が出ました。カーらの著書があまり翻訳されていないのは、日本的な不思議な現象かもしれません。カーらに限らず、他にも有益な書も多いように考えます。そこで、ホームページに、推薦図書のページをと、考え...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。