FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療が発達すれば危険、医療化に歯止めかけよ 'Limits To Medicine'

脱病院化社会―医療の限界 (晶文社クラシックス)




Limits to Medicine: Medical Nemenis, the Expropriation of Health



上記の翻訳書であるが、内容自体よりも文章がある時皮肉だったり、非常に難解である。1978 年、リハビリテーション学院の PT, OT 学生たちに原著を分担訳させた英語の教師には頭が上がらない。良書をご紹介下さった。



Limits To Medicine は、"医療化に歯止めかけよ"と言う意図であるし、"医療の限界"の訳語は適切ではない。それを差し引いてもよくこなれた翻訳であり、"脱病院化社会"のタイトルは良い。



医療が発達すれば、ある程度までは効用ありとしても、限度を過ぎれば限界効用は下がっていく。医原病がよい例であるが、著者の意図は、医療全体を 医原病的ととらえる。"痛みの効用"まで主張するから、現代医学のあらゆる側面に著者の刃は向かう。消費者すべて含み、むろん為政者が賢くなるようにと、 皮肉たっぷりに告発していく。



医療従事者すべてが読むべき本であると共に、社会人も、また為政者も読むべきものと Obama 大統領には Amazon.COM から贈呈申し上げた。



参考:

以下の自著のアイデアを、医療に適用してもいる。

脱学校の社会 (1977年) (現代社会科学叢書)

脱学校の社会 (現代社会科学叢書)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。