FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマン的音楽評論の「音楽新報」の邦訳、音楽を志す人の必読書





音楽と音楽家 (岩波文庫 青 502-1)


ヨーロッパには、ピタゴラス学派を初めとして音楽を言葉で表現する長い伝統がある。また、さまざまな形式や、舞曲の類も発達させてきた。この書は、ロマン派作曲家シューマンが、音楽ジャーナル「音楽新報」に発表したものから邦訳されたものである。




最初ピアニストのシューマンが、薬指の機械練習で酷使しいためてしまい、作曲に専念する事になったのは有名である。また、いいなづけクララ ヴィークとの結婚を父親に反対され、まず法律家になるまで勉強したのも有名であるが、それほどの知性の人であった。



音楽新報は、シューマンが始めたジャーナルで、ロマン的評論で先輩そして後輩を紹介し、広く周知させている。ロマン派と呼ばれる作曲家の中で、彼の作品はことさらロマン的である。音楽評論では、ベートーベン崇拝の伝統を打ち立て、シューベルトの天国的な浄福の世界を再発見し、ショパンの天才をたたえ、ベルリオーズをドイツ楽壇に紹介し、メンデルスゾーンの清新な新古典主義の評価の基準を与え、「愛の音楽家」としてのリストの本質を掘り当てるなどしている。ロマンティックな美文調であるが、ヨーロッパの長い伝統に根ざした本格的なロマン的音楽評論となっている。



音楽する人は、音楽とは関係ない分野での活動、いわば人生すべてが大切である。この書は、音楽学生や、クラシック音楽を愛聴する人の必読書であると言える。



参考:

シューマン:交響曲第4番

フルトヴェングラー 音と言葉

音と言葉 (新潮文庫)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。