FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Accessibility in Boston ページを作成

Accessibility in Boston


Along a road are full of oak trees, some have been recently cut down though. (Boston neighborhood explore, 2003)

街路樹の樫の並木が生い茂る、最近いくらか切られているが。



Behind row left is late my friend Kenji, businessman composer and husband of a music therapist, for whom I dedicated an essay Furtwaungler.doc in 2009.

後列左はビジネスマン俳句作曲家の 故 Kenji 氏、音楽療法士のご主人。2009年に私はエッセイ Furtwangler.doc を彼に捧げた。




新たに Boston のバリアフリー事情一ページをまとめつつある。2003年、マサチューセッツ大学 Boston 校 ESL (English as Second Language) 教師 Jose Calvalho は陽気にいつも先頭を歩いて、Boston 近隣探索を先導してくれた。先頭は優秀なタイ学生、後方はスイス学生。忌まわしいイラク戦の最中に、市民のブッシュ評を聞きたいと思って訪米した身には、熱心な二人の教師に恵まれ、俳句作曲家の故 Kenji 氏と交流し、この半年はよく勉強が進んだ。



近隣には、Acorn St. ドングリ通り, Oaks St. 樫の通り, Forest St. 森の通り... 地下鉄の駅名には、Oak Grove 樫の小森, Forest Hills 森の丘, Braintree 脳の木, Ashmont 灰の山, Shawmut 元になった半島の名, Cedar Grove 杉の小森, あるいは Riverside 川辺などなどある。大陸とかろうじてつながれていた Shawmut 半島から埋め立てに次ぐ埋め立てで知性の都に開発されたが、パイオニア達は農林漁業を大事にしていたに違いない。

Accessibility in Boston



Wilhelm Furtwangler - Humanity and Thought


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。